愛知県名古屋市にある労働トラブル119番ではセクハラ、サービス残業などの労働トラブルでお悩みの方のサポートいたします。相談無料なので気軽にお申込みください。

愛t県・名古屋市の残業代請求・セクハラ慰謝料請求代行サイトです


サイト更新日 2018-07-21

愛知県名古屋市のセクハラ慰謝料請求、未払残業代請求の無料相談はあおぞら行政書士事務所

私が我慢すれば・・・でもその泣き寝入りで自分らしい一歩を踏み出せますか

セクハラ被害の相談はあおぞら行政書士事務所へセクハラとは「セクシャル・ハラスメント」の略語であるのはご存知の通りだと思います。職場において「セクハラ」とは男女雇用期間均等法第11条によって「職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されること」と規定されています。
男女雇用機会均等法セクハラの定義
改正男女雇用機会均等法は、職場において行われる性的な言動で(主に)女性労働者の対応により、その労働条件につき不利益を受けること、またはその性的な言動により当該女性労働者の就業環境が害されることを、セクシャル・ハラスメントと定義しております。
男女雇用機会均等法男女雇用機会均等法第11条(平成18年改正)
事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対処するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。

性的な言動とは

上記に言う「性的な言動」とは一体どういう事を指すのでしょうか。男女雇用機会均等法に基づき厚労相が定めた指針の中では、「文字通りの性的言動や行動」を想定しており、特定の労働者に向けなくても、他の労働者の聞くに堪えないような猥談や意図的に性的なものを想像させるような言動等については、職場(就業)環境の悪化を招くものとして「性的言動」と言えます。
「女らしさ」「男らしさ」を強調したりすることも該当してくるものでしょう。
あとは、相手方(被害者)の意に反しているかどうか。これは主観となります。つまりセクハラかどうかは被害者の主観で決めるものなのです。とは言え100%の主観ではありませんので、一般常識と照らしたうえでの主観となることに注意が必要です。
セクハラ防止策、セクハラ慰謝料請求の無料相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所性的な言動の具体例
性的関係を強要すること、必要性のないにも関わらず身体的接触をすること、ヌードポスター等を掲示すること
性的な事実関係を聞いてくる、性的な情報を意図的に流す(元交際相手の卑猥なことを噂話する)、性的な冗談、執拗なデートの誘い、自分の性的体験談を話すこと

わいせつ行為とは

強制わいせつ・セクハラセクハラを超えた刑法に抵触する可能性がある行為の被害を受ける方も現実にはいらっしゃいます。
このようなケースはセクハラという問題も含まれますが、刑法としての処罰を求めることも可能ですし、慰謝料としての額に大きく影響してきます。いずれにせよ許さるべき行為ではありません。
男女雇用機会均等法わいせつ行為の具体例
胸を触る、揉むなど、お尻を撫でる、揉む、抱きつく、無理やりキスする、下着に手を入れる行為など。
セクハラの慰謝料請求(愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所で相談を)刑法の強制わいせつ(刑法176条)
13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をしたものは、6カ月以上10年以下の懲役に処する。
この「暴行は、正当な理由なしに、相手の意思に反して、力を加えることを言い、その力の大小強弱を問いません。」と判例にあります。よって相手の意思に反して無理やり、触ったり、キスをしようとすることは刑法に抵触するような犯罪行為です。

対価型セクシャルハラスメント

職場において行われる労働者の意に反する性的な言動等に対しての労働者の拒否や抗議などの対応により、労働者が解雇や降格又は減給等の不利益を処分を受けること
【具体例】
セクシャルハラスメントの無料相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所事業主が性的関係を迫ったが、女性が断ったため、解雇された。
セクシャルハラスメントの無料相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所上司が労働者の胸や腰を触ったところ、抗議されたため、腹いせに配置転換を命じた。
セクシャルハラスメントの無料相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所上司が部下の性的事柄を公然と発言していたので、労働者が抗議すると降格させられた。

環境型セクシャルハラスメント

セクハラ被害の相談はあおぞら行政書士事務所へ職場において行われる労働者の意に反する性的な言動によって、労働者の就業環境が不快なものとなり、労働能力の発揮に重大な悪影響が生じる等の、労働者が就業する上で見過ごすことのできない程度の支障をきたすこと。
【具体例】
セクシャルハラスメントの無料相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所上司が事あるごとに身体を触ってくるので、嫌で仕事への意欲が失われていく
セクシャルハラスメントの無料相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所同僚が取引先で、労働者の性的風評を噂し、それが基で労働意欲がわかなくなった
セクシャルハラスメントの無料相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所会社に対してセクハラ被害を抗議しているにも関わらず、何ら改善する見込みもなく、また改善する努力を怠っている


セクシャルハラスメントに対する責任追及

現在、セクハラということを直接取り締まる法律はありません。一般的には訴訟等を提起する民事責任を追及することが可能です。加害者に対して、不法行為による損害賠償請求(民法709条)や精神的損害による慰謝料請求(民法710条)を行います。また事業主に対しては、会社の不法行為による損害賠償請求(民法44条)や債務不履行による損害賠償請求(民法415条)又は使用者責任に基づく損害賠償請求(民法715条)を行うこととなります。
セクハラ被害の相談はあおぞら行政書士事務所へ更に、セクハラとなり得る行為の中で悪質なものについては、「強姦」又は「強制わいせつ」はもちろんの事、誹謗中傷であったような場合は名誉毀損罪(刑法230条)、侮辱罪(231条)として刑事的責任を追及できます。またわいせつな画像を常時パソコンに表示した場合などははわいせつ物陳列罪(175条)、痴漢行為に及んだのであれば公然わいせつ罪(174条)として刑法に触れることになりますので告訴・告発等の手続きを検討することになります。


会社が行うべき(義務)セクハラ防止策

会社の規模や職場の状況の如何を問わず、必ず講じなければならないセクハラ防止策。具体的には以下のようなものとなります。
セクハラ慰謝料請求相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所職場におけるセクハラの内容・職場におけるセクハラがあってはならない旨の方針を明確化し、管理・監督者を含む労働者に周知・啓発する。
セクハラ慰謝料請求相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所セクハラの行為者については、厳正に対処する旨の方針・対処の内容を就業規則等の文書に規定し、管理・監督者を含む労働者に周知・啓発する。
セクハラ慰謝料請求相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所相談窓口の開設する。
セクハラ慰謝料請求相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所相談窓口担当者が、内容や状況に応じ適切に対応できるようにすること。また広く相談に対応する。
セクハラ慰謝料請求相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所事実関係を迅速かつ正確に確認する。
セクハラ慰謝料請求相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所事実確認ができた場合は、行為者及び被害者に対する措置を適正に行うこと。
セクハラ慰謝料請求相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所再発防止に向けた措置を講ずること(事実が確認できなかった場合も同様です)。
セクハラ被害の相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所相談者・行為者等のプライバシーを保護するために必要な措置を講じ、周知すること。
セクハラ無料相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所相談したこと、事実関係の確認に協力したこと等を理由として不利益な取り扱いを行ってはならない旨を定め、労働者に周知・啓発すること。
以上の9項目を会社は講じなければならない義務があります。
平成19年4月1日に改正施行された男女雇用機会均等法によって、セクシャルハラスメントについて会社が対策を講じないで、国からの是正指導に応じない場合は企業名公表の対象となります。

セクハラ判例のご紹介

2009年8月 さいたま地裁  損害賠償額306万円
埼玉(給食等会社)うつ病事件被告が身体を触る、性的な関係を強要する、卑猥な発言を繰り返すなどのセクハラ行為を繰り返し、これに抗議したりすると、地位を利用して仕事上の嫌がらせを行い、その結果うつ病に罹患して退職を余儀なくされた事案
2008年9月 東京高裁 損害賠償額169万円
菓子店店長暴言・暴行控訴事件店長の「処女じゃないだろう」「キスされただろう」という公衆の面前での脅迫的言辞や性的言辞によって精神的な苦痛を受け、休業を余儀なくされたとして、Cの使用者である被控訴人に対し、民法715条に基づき、慰謝料500万円、逸失利益6ヶ月分約100万円、弁護士費用50万円を請求した事案.
2003年1月 名古屋地裁 損害賠償額120万円
名古屋市大学教授事件セクハラにより精神的損害を被り、研究室で就労する機会を失って経済的損害も被ったほか、被告市が迅速適切な対応をしなかったため、一層大きな精神的損害を被ったとして、被告Aに対しては民法第709条により、被告市に対しては使用者責任として、主位的に民法第709条、予備的に国家賠償法第1条により、更に、被告市独自の責任として、セクハラの予防義務、相談苦情対応機関の設置義務、迅速に解決すべき義務及び説明義務、守秘義務違反を主張して、損害賠償400万円、弁護士費用50万円を請求した件で、被告は原告による文書配布等の一連の行為により、被告Aが実際にセクハラ行為を行ったかのような報道がなされたが、この名誉毀損による精神的苦痛を慰謝するための慰謝料として、100万円の支払いを求めた事案
2002年1月 名古屋地裁 請求棄却
愛知県土木建設会社事件被告A及び社長の行為によって精神状態が不安定になり通院を余儀なくされ、再就職もできなくなったと主張して、被告Aに対し500万円、被告会社に対し200万円の慰謝料及び未払いの給与の支払いを請求した件で、被告らは、飲み会後の性的行為は原告が仕掛けたものであり、慰謝料を支払う理由がないこと、正当な理由なく欠勤を続ける原告への解雇は、正当なものであることを主張して争った事案.

セクハラされたことを諦める前に

セクハラのメール相談

32px_key_003_b-trans.pngSSL通信でデータ送信されますので、秘密漏えいの心配がありません。また行政書士には守秘義務があります。